コラム

歯の色・形・大きさを改善できる「ラミネートベニア」

2021年8月4日

皆さんこんにちは。

中西歯科医院です。

審美治療には「ラミネートベニア」と呼ばれる、使い勝手の良い修復物・治療法があります。

字面だけ見ると歯科治療のようには思えませんが、臨床の現場では古くから実践されている歯の修復処置です。

今回はそんなラミネートベニアについてかんたんにご説明します。

ラミネートベニアは歯の「つけ爪」?

一般的な歯科治療では、コンポジットレジンを充填したり、被せ物を装着したりしますが、ラミネートベニアはその手法が少し変わっています。

極めて薄いセラミック製のチップを歯の表面に「貼り付ける」処置で、感覚としてはつけ爪に近いです。

なかなかイメージしにくいかと思いますので、気になる方は当院までご相談ください。

実物などをお見せしながらよりわかりやすくご説明します。

ラミネートベニアのメリットは?

ラミネートベニアで歯を修復するメリットは以下の通りです。

歯を削る量が少ない

標準的な被せ物を装着する際には、歯質をかなりの量、削らなければなりません。その点、歯の表側のエナメル質を一層、深さは0.5mm程度削るだけで装着できるラミネートベニアは、歯に与えるダメージを最小限に抑えられます。

歯の色・形・大きさを改善できる

ラミネートベニアは、薄型のセラミックチップですが、適切な方法で治療することで、歯の色から形、大きさに至るまで幅広く改善できます。すきっ歯のような歯並びの異常も、軽度であればラミネートベニアで治療可能です。もちろん、ラミネートベニアはあくまで見た目を改善する方法なので、歯の移動は行えません。

まとめ

このように、審美治療で選択できるラミネートベニアは、少し変わった歯科処置ですが、歯に与える影響を最小限に抑えた上で、いろいろな問題を解決することが可能です。

これまでいろいろなケースでラミネートベニアを行ってきた中西歯科医院なら、患者様に満足いただける治療を提供できるかと思います。