診療について


一般診療

◆むし歯について◆
怪我を治す場合とは違い、歯は一度削ると元には戻りません。削った部分には金属やレジンなどを詰めるのですが、歯と詰め物との境い目は細菌にとっては大きいものです。一度治療した歯の二次、三次う蝕…悪いスパイラルの先に歯を失うということもあります。 そう考えると削っていない天然の歯はまさに「たからもの」ですね。 いかに予防が大切かは言うまでもありません。 天然の歯だけでなく、もちろん治療済みの歯のためにもぜひPMTC<プロのクリーニング>をおすすめします。むし歯の再発予防、さらには歯周病ケアも含めたトータルなお口管理を一緒にしていきませんか。 その他、知覚過敏などについてもご相談ください。






歯周病治療

細菌には種類があり、酸で歯を溶かしむし歯をつくるものと、毒素で歯ぐきや骨をむしばむものに分かれます。歯を失う原因は、実はむし歯より歯周病の方が多いのです。 お口の中は複雑な構造で、目に見えない場所も多く、また症状がゆっくり進むケースがほとんどであるため、セルフコントロールだけで維持は難しいでしょう。当院では定期健診の際にPMTC<プロのクリーニング>を行っております。「痛くないのに歯医者さんへ?」でも数か月に一度PMTCを受けるのを楽しみに、何年も通ってくださる患者様は多くいらっしゃり、PMTCの予約が取りづらいほどなんですよ。 歯周病は治す、というよりは付き合うと考えるとよいと思います。ご自分の状態を把握し、変化を捉え、担当歯科衛生士とドクターと共にお口のトータルケアに取り組みませんか?

最新の治療を進めたい方、予防・進行防止にもっと力を入れたい方の為の自費の治療もあります。



歯を失う原因グラフ


入れ歯

入れ歯で苦労されている方は多いですよね。食事のたびに痛むのはとても辛いことです。保険の入れ歯はどうしても製作時に歪みが生じるというデメリットがあります。また歯ぐきの薄い方は痛みを感じやすかったり、残っている歯との位置関係やかみ合わせなど、入れ歯の使用感には様々な問題がついてきます。
通常の入れ歯でお困りの方はこちらもお読みください。

   クリックで移動します

精密義歯 スマイルデンチャー


ホワイトニング

ホワイトニングとは歯を削る事なく歯を白くする方法です。美しいスマイルは、人に対してさわやかで、清潔で、明るいイメージを与えます。口元にコンプレックスを感じて思いきって笑えなかった方が、歯並びや歯の色を変えてあげることで、コンプレックスがなくなり素敵な笑顔になります。歯や口元のコンプレックスをなくすこと。見た目のイメージを左右するだけでなく、精神面までも変えることができるのです。
すぐに効果を期待したい方には、オフィスホワイトニ ング法が、好きな時間に行いたい方には、ホームホワイトニング法があります。ホワイトニングに興味のある方、ご希望の方は、スタッフに遠慮無くご相談下さい。



ホワイトニング



審美歯科

多くの方が審美歯科とは単に【歯を白くすること】と思われているのではないでしょうか?
もちろん【歯を白くすること】は大切なことですが、それが全てではありません。 当院では審美歯科とはただ単に白い歯を入れるということではなく、患者さんひとりひとりのライフスタイルに合わせてより良い環境にしていくことと考えています。
まず、はじめての方にはお口の中のコンプレックスをお伺いします。(コンプレックスには歯の着色、形、歯並びといった様々なものがあります。) その上で患者様の理想の状態を歯科医師、歯科技工士、歯科衛生士が総合的に診断し、数々の基準をクリアできるようデザインし、高い技術力によって理想的なお口の状態を実現できるよう努力しています。



歯の詰め物を白く治す



訪問診療

介護老人保健施設ひばりへ協力歯科医院として 週1回、訪問診療に行っています。

介護老人保健施設ひばり 訪問診療

また通院が困難な患者様に対して在宅歯科訪問診療を行っています。
詳しくはお問合せください。



矯正治療

部分矯正を行っています。 お気軽にご相談ください。



お子さんの治療について

お子さんが治療を嫌がるのは当然といえば当然のこと。無理やり治療して歯医者さん嫌いになってはお子さんの将来が心配ですよね。 最初は診療台に横になるだけで帰ったり、次はお口の中でバキュームの練習ができたらOK!など… お子さんの様子を見ながらゆっくりと進める方法もとれます。最初は泣いて横になることもできなかったお子さんから「大きくなったら歯医者さんになる」とうれしい声をもらったことも。
お子さんの治療に関してご相談がありましたら遠慮なくお声かけください。

お子さんの治療

いびき、はぎしりなど

◆お口の様々な装置について
・スリープスプリント・・・気道を広げていびきを改善 無呼吸症候群の治療にも
・マウスピース・・・顎関節症による顎の負担軽減 はぎしりの改善
・スポーツマウスピース・・・歯を外傷から守る 適度に咬みしめることで能力アップ
悩まれている方の多いいびきやはぎしり。無呼吸症候群、顎関節症といった病気が背後にある場合もあります。遠慮なくご相談ください。


食育

当院では、院長自ら実践している5つのセルフ・ヒーリング(自然に治癒し、気持よく生きる秘訣)をお伝えしています。
セルフ・ヒーリングとは「自分で癒(いや)す」という意味です。 体の中には、「100人の名医」がいるのです。 まず、あなたは、そのありがたい真実に気づくことです。 そして、これらの名医たち(自然治癒力)の手助けをするだけです。 その方法は、5つあります。

1.少食(食べないほど病気は治り、若返る)
ヨガの教えには、「腹八部で医者いらず」「腹六分で老いを忘れる」。そして「腹四部で神に近づく」とあります。
2.菜食(人類はもともと菜食動物なのです)
海外ではベジタリアンを公言しているセレブはかなり多く、ベジタリアンである事が意識が高い事だとされている。
3.長息(息が深く長い人ほど長生きします)
この呼吸法の良いところは、忙しい時でも、仕事の途中でも、電車の中でも、どこでもスマートに行えます。
4.筋トレ(筋肉から若返りホルモンが出る)
現代社会では、見た目の良い人ほど多くのチャンスを手にします。筋トレで身体を引き締めましょう!「貯金」より「貯筋」だ!
5.笑い(健康と幸福と長寿を呼び寄せます)
笑いが心や体に良いということは、医学的に実証されつつあり、病気の予防や治療においても注目を浴びています。

この5つの「癒し」方法は、いつでも、どこでも、だれでもできることです。 ただです。お金が1円もかかりません! 素晴らしいことは「副作用」が、まったくないことです。これら5メソッドは、始めたときから効果が現れてきます。大切なことは、あせらず、あわてず、ゆっくりです。 そして、ポイントは、これらをクセにすることです。「継続は力なり」と言いますね。これら5つが、これからの、あなたの人生の「生活習慣」としてください。 悩みの種だった持病が、いつのまにか消え失せている‥‥‥。 そんな驚きと喜びが、あなたの心を満たすことでしょう。

さあ!今日からセルフ・ヒーリング5つの「生活習慣」を!


5つのセルフヒーリング